バレンタインにはチョコじゃなくて、お猪口!

バレンタインデー、チョコじゃなくて「お猪口」です!



目の覚めるような青色の切子

バレンタインデー、本命も義理も自分用にも、チョコレートが売れまくる時期だけど、日本酒好きなら、チョコレートより「お猪口」でしょ!

ともだあきこ一押しのお猪口をちょこっとご紹介しよう。



柔らかいラインの平皿タイプ

名前は「八千代切子 蛇の目」だ。
東洋佐々木ガラス社製の純粋手作り、クリスタル100%の芸術品。
実は、ワタクシ友田の希望もちょこっと(←こればっかり)入っている。

なにしろ、ワタクシ、酒器は平皿タイプが何より好き。だって、お酒が口に入るときになぜか甘くなめらかに感じるから。



小さすぎず大きすぎず微妙な大きさがポイント

さらには、あまり小さすぎない大きさがいい。小さいと何回も注がなくっちゃいけないでしょ。「こういう形で、このくらいの大きさで」と希望して造られたのが、実は、この切子なのだ。

模様は「蛇の目」。お酒を注ぐと、きらきら光ってとても美しい。
もちろん箱入り。プレゼントにはぴったりでしょ。

色は、粋な青と落ち着いた紫色の2種。涼しげなので冷や酒がいいけれど、ヌル燗もいける。

チョコレートじゃなくて何かほかのものをプレゼントしたいというときに、絶対おすすめ。大手百貨店には置いてあるので、一度お手にとって見て。

価格は1個6,000円。使いではあります。



淡い紫色が渋い。上品でしょ。





ペアで揃えてもステキ。





しっかりとした木箱入り。プレゼント向きだ。





ちなみに徳利もあります。徳利は20,000円也。

東洋佐々木ガラス
お問い合わせは、
東洋佐々木ガラス お客様サービスセンター
03-3663-1140まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする