お酒好きが選んだ!お花見におすすめのワインベスト5

お花見に合うワインとは?試飲でリサーチ

乾杯

お花見は日本人魂を揺さぶる伝統の宴会スタイル!

お花見シーズン到来。あっという間に散ってしまう桜だからこそ、十分な準備とともにお花見を満喫したいもの。そしてお花見に欠かせないのはお酒。

今回、お酒を愛する20代から40代の男女約20名に、「お花見で飲みたいワイン」の試飲アンケートを実施した。その結果に基づき、ガイドの最新情報やおすすめ料理を混ぜ、お花見ワインベスト5をご紹介したい。ぜひ、ご参考に!

5位 コノスル・スパークリング・ロゼ・ブリュット

今や世界中で人気のチリのワインメーカー「CONO SUR(コノスル)」。1993年創立と比較的新しいワイナリーだけど、手頃な価格にもかかわらずクオリティが非常に高いところが人気の所以だ。ワイン初心者から愛され、プロからも高く評価される商品の中から、お花見ならなんと言っても、桜色に輝きスパークするこのワインを推薦したい。

まずはなんといってもピンクのラベルがお花見気分を盛り上げてくれる。グラスに注げば美しい桜色。比較的冷涼な産地ビオビオ・ヴァレー産のピノ・ノワール種を100%使用。香りは、熟したサクランボやラズベリーのように甘酸っぱく華やか。味わいは、甘すぎない優しいドライ感で飽きがこない。お花見のおつまみの定番、鶏の唐揚げなど揚げ物系とはバッチリの相性。脂分を流してくれる爽快さがいい。

コノスル スパークリングワイン ブリュット & ロゼ 飲み比べ2本セット 750ml

4位 ニュートン・アンフィルタード・シャルドネ・ナパヴァレー

試飲アンケートでは男性陣に高評価だったのが、カリフォルニア、ナパヴァレー産のこの白ワイン。世界のワイン評論家から絶賛を受けるニュートン・ヴィンヤーズは1977年創業。好条件の揃った畑から生まれる極上のシャルドネ種を丁寧にかもし、発酵後は20か月の間樽熟成をして、瓶詰め時に一般的に行われる濾過をしない(アン・フィルタード)で仕上げられたワインだ。濃密さと繊細さが同居する見事なバランスが人気。

基本、ドライなワインだけど、炒ったアーモンドやはちみつ、バターキャンディーのような甘くかぐわしい香りと果実味と酸味の調和がとれ、ずっしりと飲みごたえある味わいは、お花見にもいい。ピザやパスタ、トーストチキンやローストポークなどボリュームある料理とともに。

ニュートン アンフィルタード シャルドネ 750m [USA/白ワイン/辛口/ライトボディ/1本]

3位 ボジョレー・ヌーヴォー

トラディション

試飲の時に使用したヌーヴォーはこちら

ボジョレー・ヌーヴォーは11月だけの飲み物だと思ってない? 否、ヌーヴォー(新酒)は年明けの春ごろまで十分においしく飲めるのですぞ。それに、解禁直後は3000円、4000円などと値付けされるけど、今のこの時期なら1000円前後で買えるのもおすすめ理由。

なぜなら11月には航空便で運ばれるけれど、この時期には船便で到着する。輸送費がぐっと安くなるから価格もお手頃になるのだ。それに、春までには早目にさばきたいという売り手の事情もあり、この時期ヌーヴォーはぐっと買いやすくなるというわけ。

味わいも実は春向き、そうお花見向きなのだ。赤ワインだけど渋みが少なく、爽やかですっきり軽快。カジュアルにごくごく飲むにはぴったりだ。今回おすすめはなんと1本770円。花束のようなラベルもお花見向き。造り手のボワドワン家は1961年からボジョレーを造るメーカーで数々のコンクールにも入賞している。

コクのあるタイプが好きという人には、伝統的手法(Tradition)とか無濾過(Non Filtre)などと書かれたヌーヴォーがおすすめ。今回の試飲アンケートでも人気だった。

2位 フロラリス・モスカテル・オロ

試飲アンケートで女子に高評価だったのがコレ。またつい先日開催された女性が品評する世界初の女性のみのワインコンクールSAKURAワインアワードにても金賞(オロ=金の名前同様に)を受賞した、甘口のいわゆるデザートワインだ。1870年以来、スペインのワイン業界をリードするトーレス社が造るモスカテル種を使用した酒精強化ワイン(ワインの発酵中に蒸留酒などを添加し発酵を止めナチュラルな甘味を残すという製法で造るワイン)。

バラの花のような、トロピカルフルーツのような、ダージリンティーのような、メープルシロップのような、ピーナッツバターのような……。甘美で魅惑的な香りと味わい。ボトルも華やかでお花見の席にもピッタリ。アルコールは15%。食後にそのままストレートで。スイーツやチーズと合わせるのもおしゃれ。もしくはソーダ割りで乾杯にもいい。

フロラリス モスカテル オロ トーレス NV 甘口白 500ml

1位 ベアフット・ピンクモスカート

なんとも華やかな桜色のボトル「ピンクモスカート」

なんとも華やかな桜色のボトル「ピンクモスカート」

可愛い色合いと印象的なラベルがキュートなピンクワイン。カジュアルで自由でファッショナブルなワインを目指し1986年にガレージワインとしてスタートしたベアフット・セラーズ・ワイナリー。1995年からカリフォルニア出身の女性醸造家がワイン造りを行っている。そのイメージもプラスしてか、とにかくこのピンクモスカートは「かわいい味わい」だ。もちろん試飲アンケートではほぼ満場一致で女性の評価を得た。

ジュエリーのようにな透明でチャーミングな輝きに、ローズヒップのような華やかで心地いい香り。クランベリージュースみたいにジューシーでと甘酸っぱい。アルコール度も9%と低め。こんなところも女子にピッタリ。

白ブドウのマスカット種とジンファンデルなどの黒ブドウをブレンドして造るピンクワイン。お花見の時期に飲まずしてどうする!飲みやすさ、甘酸っぱさは料理を選ばないけれど、ちらし寿司、巻き寿司などとは意外にも素敵な組み合わせ。桜餅やお団子ともGOOD。

実際に飲み比べて選びました!

実際に飲み比べて選びました!

桜の木の下で気の置けない仲間とワインを飲み交わす。この時期ならではのお楽しみだ。ただし、飲み過ぎは注意。一気飲みなど時代遅れな飲み方は絶対にやめたいもの。また、飲んだ後食べた後はしっかりお片付け。後を汚さない配慮も、お酒を伴う大人のお花見のマナー。気持ちのいいお花見を過ごした
いものだ。

【あわせて読みたいお花見のお酒】
春の宴、お花見におすすめのロゼワイン3本
お花見や贈り物に!この春におすすめのワイン3選
桜の名がつく銘酒 しっぽりと心通わす花見酒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする