リッツが「47都道府県ご当地レシピ」を公開中♪ 大胆不敵な具材&組み合わせのオンパレードですっ

もしゴールデンウィークに出かける予定がなかったら…お家に仲間を集めてリッツパーティーしちゃえばいいじゃない!

ってなわけで本日ご紹介するのは、リッツの公式サイトに公開されている「47都道府県ご当地レシピ」です。日本全国津々浦々、各都道府県にちなんだ食材をリッツにのせればアラ不思議。まるでニッポン中を旅行しているみたいな気分になれちゃう……かもよ!?

【メニュー全体にパンチが効いてます】

サイトにアクセスすると出てくる「ご当地リッツ検索」から、自分が気になる都道府県の名前を入力して調べるもよし。または「北海道」など、各都道府県名をクリックしてレシピの詳細を知るもよし。

ずらりと並んだご当地リッツレシピは、美味しそうなものもあれば「えぇぇ……」とひるんでしまうものまであって、実にバラエティーに富んでおります。レシピにはご当地食材を監修した菅原佳己さんからのメッセージがついていて、食材についても詳しくなれますよ。

【北海道から沖縄県まで個性豊かなリッツレシピ】

わたしが試してみたい!と思ったのは、北海道のリッツレシピ。国内産のチーズの9割を作っているという北海道ですので、リッツの上にのせるのはもちろん、カマンベールチーズ。これに「山わさびのしょうゆ漬け」をのせていただくというもの。白ワインはもちろん日本酒にも合いそう♪

ちなみに山わさびとは、ヨーロッパ原産の植物ホースラディッシュのことで、「山わさびのしょうゆ漬け」は、ごはんのお供の定番なんですって。

そのほか兵庫県は神戸牛のステーキをぜいたくにのせたリッツ、広島県は牡蠣をお好み焼き風に焼き上げた1品をのせたリッツ、沖縄県はコンビーフとポテトをミックスした “コンビーフハッシュ” とゴーヤをのせたリッツといった具合に、名産品のオンパレード。

なお沖縄県のリッツには石垣島に自生するスパイス “ヒバーチ” がトッピングされているそうで、未知なる味にワクワクしちゃいます♪

【試すのにやや勇気が要るレシピも】

未知なる味といえば……ラインナップされたレシピのほとんどが異色。「それとそれを合わせちゃうの?」「え、それのっけちゃうんだ!」といった具合に、これまでに見たこともないようなメニューばかりである点も、47都道府県ご当地リッツレシピの大きな特徴なのであります。

たとえば、山形県のリッツは豆腐と “だし” 、秋田県は納豆とネバネバシャキシャキな海藻 “ギバサ” 、福井県は塩漬けしたサバをぬか漬けにした珍味 “へしこ” をサワークリームと一緒にのっけていて、インパクト大。

一方で、群馬県は焼いた下仁田ネギがドーン!とのっかっていて、神奈川県は釜揚げしらす、静岡県は黒はんぺんの七味マヨ添え。そして熊本県は、わけぎを使った「ひともじのぐるぐる」に酢みそを添えたもの……などなど、各地の名物や郷土料理がリッツの上に潔く盛られております。

【まさか「いか人参」を選ぶとは!!!】

衝撃だったのは、わたしの故郷・福島県の「スライスチーズといか人参と青ネギ」なるレシピ。いか人参とは、するめと人参をしょうゆベースの調味液に漬け込んだ郷土料理です。

いか人参、たしかに好きだけども…この組み合わせ、お、美味しいのかな。このように怖いような、でも食べたいような、2つの気持ちが交錯するレシピはどれも必見なのであります。

ちなみに、レシピ監修を務めたのは、ドラマ『カルテット』やCM、映画などで活躍するフードスタイリストの飯島奈美さんなので、味は間違いないと思いまっす! みんなでワイワイご当地リッツを作って頬張れば、おのずと会話も弾むはず。連休中にぜひとも、試してみてくださ~い☆

参照元:リッツ 47都道府県レシピ
執筆=田端あんじ(c)Pouch