【世界初】のれんや畳のある「スタバ」がオープン / 京都・二寧坂にある築100年以上の日本母屋がスター・バックスとして生まれ変わるよ♪

スターバックスといえば茶系で統一された店内に、シンプルなテーブルやソファ席がある……そんなお店が真っ先に思い浮かびます。

けれど、6月30日に京都・二寧坂にオープンするのは、これまでのそうしたイメージを大きく覆すスタバ。なぜならこちらのお店は伝統的な日本家屋を使っていて、暖簾(のれん)や畳の間がある店舗となっているんです。

なんでも、入口に暖簾がかけられたスタバというのは世界初なのだとか。お店の写真をよく見ると、紺地の暖簾にスタバの黒いロゴが描かれているではないですか……!!

【築100年超の日本家屋を使用】

世界遺産「清水寺」に通じる二寧坂にオープンする「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」。日本の歴史と文化を感じる街並みの中にあって、築100年を超える2階建ての日本家屋が使用されています。

この建物、主屋と大塀(だいべい)は重要伝統的建造物群保存地区の「伝統的建造物」として、大切に保存されてきたものだそうです。

【店内はどんなふう?】

店舗1階は、暖簾をくぐると店内は奥庭が広がるバーカウンターにつながっています。薄暗い室内に、カウンターの光や庭から入る光が差し込んでいて、陰影のある「通り庭」を歩くような体験ができる設計がされているのだとか。

また店内には前庭、中庭、奥庭の3つの庭があって、それぞれに印象的な蹲(つくばい)を設置。庭石や木々の緑とともに、伝統的な庭の眺めを楽しめるそう。

2階には、畳の上で靴を脱いでくつろげる座敷が3部屋。京都の丹後ちりめんを使用した座布団に座り、和風の空間でコーヒーをいただけます。想像しただけでも、なんだか癒されますね。

【日本の歴史に敬意を込めて】

これまでにも周りの景観に合わせたスタバの店舗は存在していましたが、歴史的な建物をここまでそのまま使うというのはレアなのでは。

スターバックスによると、「歴史ある日本家屋や地域への敬意を込めて、可能な限り保存する形で京都の文化や伝統とスターバックスのコーヒー文化を融合させた新しい空間を作り上げました」とのこと。

そのため、店内混雑時の入場制限、店舗前での行列の禁止なども掲げているといいます。日本の歴史や文化に対し、きちんと理解や敬意を持って出店してくれているのはうれしいことですね。

【京都旅行の際は訪れたい!】

こうして見るとわかるように、既存の店舗にはない外観・内装となっている「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」。ここで飲むコーヒーは、いつものスタバとはひと味もふた味もちがって感じられそう。京都旅行の際は立ち寄ってみたいものです。

参照元:スターバックス
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼「通り庭」を歩くような体験ができる店内

▼1階のエスプレッソバーカウンター

▼二寧坂沿いでも大塀(だいべい)は唯一当時のまま残る建造物なのだそう

▼東山山麓の社寺をめぐる京都を代表する散策路・二寧坂