【開催中】今年の「日本台湾祭り」は本当にスゴいのよ☆ 「最強の縁むすび神」が上野に来てる/本場台湾料理もライブも超充実なのです

夜市のB級グルメにマッサージなど、おいしいものや楽しいことが盛りだくさんの台湾! 何度でも訪れたくなる旅行先のひとつです。

さて、そんな台湾の食と文化を思う存分満喫できる「日本台湾祭り2017」が、本日7月7日から9日までの3日間、東京・上野にある上野恩賜公園で開催されています!!

今年で3回目を迎える台湾祭り、見どころをチェックしてみましょ〜♪

【今回のテーマは「縁結び」】

開催初日の7月7日となる七夕の日は、台湾では情人節と呼ばれる恋人たちの日。ということで、今年の台湾祭りは「縁結び」がテーマです。

そんなわけで、恋愛成就の神様として台湾女子たちから絶大な支持を集める縁むすびの神様が、はるばるお越しくださっているんだそうで!!

【最強の縁むすび神「月下老人」】

今回お招きしたのは、台北の人気観光地「迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)」の霞海城隍廟(シアハイチェンホアンミアオ)に祀られている良縁の神様「月下老人」。

縁むすびの神様って日本にもいるじゃないの、って声が聞こえてきそうですが、月下老人さまは縁結びのレベルが違うのです。この神様は誰と誰が結婚するかがすべて書いてある「婚姻簿」をもち、参拝に来た者に「運命の赤い糸」を授けてくれる、という、まさしく最強の縁むすび神

このとっても心強い神様に、今回は上野でお目にかかれちゃうんです! これはなんとしても、ご利益にあやからねば……!!

【台湾グルメも雑貨もライブもハイレベル!!】

今回の目玉となる縁結びの神様参拝のほかにも、台湾祭りは見どころが盛りだくさん! 

台湾に行かないと食べられない本場の台湾グルメはもちろん大充実! 台湾名物にして夜市の定番・「蚵仔煎」(オアチェン、かきの卵とじ)や「麺線」(とろみのあるスープのそうめん)も、本場そのままの味で登場しています。名物・タピオカなど、台湾独自のスイーツもラインナップ。日本には台湾そのままの料理を出すお店がとても少ないので、かなり貴重です!!

また、ステージでは台湾原住民の踊りや台湾の人形劇、布袋劇(指人形劇)などの伝統芸能が堪能できるほか、日本・台湾の人気アーティストによるライブも行われます。

注目は、台湾の新進気鋭バンド「noovy」! 日本のクリエイターたちも全面的にバックアップしている、J-POPとC-POPの融合を目指す台湾の人気アーティストです。彼らのライブは、土曜日の夕方に行われる予定です。

ほかにも、台湾の雑貨・食品を販売するお店は過去最大規模のラインナップなのだとか。この充実ぶり、思いっきり楽しめそう!

【彼氏と参加すればプレゼントがもらえちゃう!!】

8日(土)には、夕刻から映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(略して「ママダメ」)にちなんだイベントが行われるそうですよ。カップルで参加すれば、両日とも先着50組を対象に素敵なプレゼントがもらえるそうなので、パートナーがいる人はぜひご一緒に。

また、観客参加型ゲームにカップルで参加すると、「壁ドン塩コショー入れ」がもらえるなど、いいことがあるんだそう。こちらはWebから事前に登録しておく必要がありますが、ちょっと勇気を出してカップルで傘下すると、すごく楽しそうな予感がします。

盛り上がること間違いなしの「日本台湾祭り2017」。彼氏がいる人もいない人も、足を運べばきっと楽しい時間が過ごせるはずです! 

参照元:プレスリリース日本台湾祭り2017
執筆=sweetsholic (c)Pouch