「唐辛子入りチョコ」に「七味マカロン」…七味唐辛子でおなじみ「八幡屋礒五郎」のスイーツブランドがスパイシーで美味しそう

「八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)」といえば長野県にある七味唐辛子メーカー。赤い背景に唐辛子の絵が描かれた筒形の容器で有名ですよね。

その八幡屋礒五郎ですが、実は七味や唐辛子入りのスイーツも出してるって知ってた? 七味をプラスしたチョコレートにマカロン、ジェラート……などなど種類も豊富。甘いものと唐辛子って合うの!? と思いきや、意外と奇抜さがない!

むしろパッケージも商品もとってもオシャレで洗練されているんです。

【ブランド名は Kongen Sweets】

「八幡屋礒五郎」の菓子ブランドの名前は「Kongen Sweets」。八幡屋礒五郎のキッチンから一点一点、手作りで届けられているのだそう。

しかもチョコレートにいたっては「ビーン・トゥ・バー」。カカオ豆から板チョコレートになるまで、全ての製造工程に携わって作られているんです!

【七味入りのビーン・トゥ・バー・チョコレート】

カカオ豆の濃い味と香りが広がるビーン・トゥ・バー・チョコレート。その作り方を見てみると、八幡屋礒五郎の七味唐からしの伝統的な製法と似ていることに気がついたのだとか。

「唐辛子の味と香りを引き出してきた製法で作ったら、どんなチョコレートになるだろう?」。そんなひらめきから生まれたのが八幡屋礒五郎のチョコレート。

ラインナップは、カカオ豆の産地であるニカラグア、ベトナム、タンザニア、キューバの4種類で、4種類ともに七味入りとなっていて、50gで税込864円です。実は、唐辛子みたいなスパイス類と、カカオってすごく好相性なんですよね。これはきっと美味しいに違いない!

【七つの味がマカロンに】

さらに、八幡屋礒五郎の“七味”を元にしたマカロンも! アーモンドパウダーとメレンゲを混ぜて焼いた生地に、「唐辛子」、「紫蘇」、「山椒」、「柚子」、「麻種」、「生姜」、「胡麻」の七味素材を加えたバタークリームをひとつずつサンドしています。1個税込154円、1箱(7個入り)税込1218円。

【本店限定! ユニークな「スパイス・ジェラート」】

このほか、麻種、生姜、ミルク、唐辛子(万願寺/まんがんじ)、黒胡麻、カカオニブのフレーバーがそろった「スパイス・ジェラート」も。ジェラートは本店(テイクアウト)のみでの販売ですが、他では見られないユニークなものだけにぜひとも食べてみたい!

【プレゼントにもおすすめ】

長野県内に2店舗とカフェがあるほか、東京であれば伊勢丹新宿店やDEAN&DELUCAなどでも取り扱いがあるそう。

「八幡屋礒五郎」は知っていても「Kongen Sweets」については知らない人も多そうなので、プレゼントにしても喜ばれそう! 「スパイスとスイーツってこんなに合うんだ!」という驚きとともに、その場が盛り上がる話のネタにもなりそうです。

参照元:Kongen Sweets
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼八幡屋礒五郎「ビーン・トゥ・バー・チョコレート」の製造風景