ひとりで行ける!「行きつけのお店」を作る5ステップ

いろいろなお店を食べ歩くのもいいけど、ひとりでも気楽に立ち寄れる「行きつけのお店がある」、というのも素敵ですよね。空いた時間に軽く一杯だけ飲みに寄ったり、名物メニューを食べるために定期的に通ったり……。一見さんとは違う、でも、気楽な関係をあなたも築いてみませんか?

行きつけのお店で気楽にひとり飲みはいかがですか?

行きつけのお店で気楽にひとり飲みはいかがですか?

気楽に気軽にきまぐれに……ありがたい行きつけのお店

行きつけのお店があるとありがたいのは、(少し語弊がありますが)ちょっとしたわがままが云えるところでしょうか。僕は、「待ち合わせの時間まで20分だけ時間がある」なんて時に、「一杯だけいい?」という感じで行きつけのお店に入ることがあります。その他にも、ボトルの持ち込みを相談したり、宴会のコースをアレンジしてもらったりと、お店との関係があるからこそ、多少のわがままを聞いてもらえることがあり、イザというときに心強い存在になっています。

お店の方とのコミュニケーションが大事

お店の人とはフレンドリーに接しましょう。

お店の人とはフレンドリーに接しましょう。

行きつけのお店とお客さんとの間に必要なのは、信頼関係です。何度通ったとしても、お店に負担を強いるようなことが多かったり、他のお客さんに迷惑をかけたりしていては当然、信頼関係は築けません。

立ち寄る回数が多い店、ではなく、真の意味での「行きつけのお店」を作るということは、お店やスタッフとの信頼関係を築くことだと考えてください。信頼関係なので、お店単位というよりはスタッフ個人個人とのコミュニケーションが大切です。たとえば、同じお店に3回通ったとしても、接客してくれたスタッフがすべて異なる人だった場合には、信頼関係は築きづらいと思います。

行きつけのお店を作る5つのステップ

行きつけのお店を作る=お店の方との信頼関係を作る、ということで、そのための5つのステップを考えてみました。

ステップ1:通いたいと思えるお店を見つける
まずは「このお店なら何度も来たいなぁ」というお店を見つけることからです。好きなメニューがある、通勤途中にある、美形のスタッフが多い、なんだか雰囲気がいい、などなど、理由はなんでもいいですが、好きになれるお店じゃないと意味がありません。

ステップ2:コミュニケーションの取りやすい位置、時間を狙う

ビールを注ぐのが見えるナイスポジション

ビールを注ぐのが見えるナイスポジション

お店が空いている時間があれば空いている時間に行き、カウンター席があればカウンター席に座る方がスタッフとコミュニケーションが取りやすいですよね。たとえば、繁盛しているお店が気に入ったのであれば、お店の方に「空いている時間帯」を聞いて再訪してもいいんじゃないかと思います。お店が忙しいのに長話をして引き止めたり、他のお客さんを無視して話をしたりすることはやめましょう。恋と一緒でタイミング、さらにはポジショニングが大切です。

ステップ3:自分のことを少しずつ話しながら質問をしてみる
コミュニケーションは基本的に「会話」ということになりますが、何を話せばいいのか、最初はわからないかもしれません。そんな時はメニューについて質問してみてはいかがでしょうか? 「ちょっと疲れているんで味の濃いものが食べたいんですが、オススメはありますか?」とか、「サクサクしたものが好きなんですが、何かありますか?」など、自分の状況だったり好みを伝えつつ、お店のことも聞くといいんじゃないかと思います。スタッフ側に余裕があれば、そこから「仕事でお疲れなんですか?」、「サクサクしたものといえば、あれは食べました?」だったりと、話を振ってくれて、会話が膨らむこともあるかもしれません。

ステップ4:期間を空けずに再訪する
お店の方とある程度コミュニケーションがとれたら、あまり期間を空けずに再訪しましょう。同じような「半年に3回」の来店でも、2カ月に1度ずつより、1週間に3回来店した人の方が、その後で1年間来店しなくても記憶に残りやすいそうです。恋愛であれば、通い詰められると怖いかもしれませんが、お店で食事をしたりお酒を飲む分には、ほとんどの場合、迷惑になることはないはずです。お客さんとして記憶に残る、認識されることが大事です。

ステップ5:イベントに参加する、イベントを作ってみる
お店のスタッフに覚えてもらい、お店に行った時に「いらっしゃい!」以外の挨拶が出てくるようになったら、それはもう行きつけのお店、と考えていいような気がしますが、さらにステップを進めたいのであれば、イベントに参加してみてはいかがでしょうか? お店が主催しているイベントや周年パーティーなど、普段と違ったスタイルや場所での営業に顔を出すことで、さらに仲良くなれるはずですし、お店の常連さんと知り合う機会にもなるかもしれません。

イベントにも行ってみよう!

イベントにも行ってみよう!

もし、イベントをやっていないお店だったら、大人数での飲み会をそのお店でやってみたり、どこか旅行に行った時のお土産を買って行ってみたり、今までにないコミュニケーションをとってみるのもいいかと思います。

友達を作るようなものかもしれない

いかがでしたでしょうか? 行きつけのお店を作るということは、友達を作るようなものだと考えると、ちょっと面倒ですか? それとも楽しいですか? いずれにしても人と人のつながりを作るということなので、お互いにフレンドリーないい関係を築いて、たくさんの素敵な時間を過ごしていただけたらと思います。乾杯!!

<合わせて読みたい関連記事>
クラフトビール初心者が“失敗しない”ためのオススメ銘柄7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする