いま話題のやりすぎ料理「わんぱくサンド」、上手な食べ方は? 「美しいわんぱくサンド」で話題のお店にコツを聞いてきたよ!

断面が美しすぎると巷の女子の注目を集めている東京・代々木上原にある「POTASTA」のサンドイッチ。 “わんぱくサンド”とも呼ばれる、具を目いっぱい詰めたボリューミーなサンドイッチは、Instagramでもたくさん投稿されているので、見覚えがある方も多いはず!

そんな人気のサンドイッチだけど、「綺麗だけど……ちょっと食べにくそうかも?」「お腹いっぱいになるのかな?」といった疑問がふつふつと湧いてきたので、実際に食べてまいりました!

【どれにしようか迷っちゃう~!】

今回訪れたのは、2号店の千駄ヶ谷店。北参道駅から歩いて5分ほどで到着です。店内は、「パンプキンココナッツ」や「麹味噌きんぴらサラダ」など、おいしいそうなサンドイッチがいっぱい。

img_20161203_131157

img_20161203_131232

どれにしようか目移りしちゃいますね! かなり迷った末に、「ハニーキャロットレーズン」「カレーポテトサラダ」をチョイスしました♪

【崩れないように食べるコツを教えてもらった!】

食べる前に、崩れにくい食べ方をお店の方に伺ったところ、半分ほどラップで包んだ状態で、かつ横から食べるのがポイントとのこと。それではさっそく実食です!

img_20161203_151206

まず「カレーポテトサラダ」のほうは、粗めにマッシュしたポテトサラダにスパイスの効いたカレーの風味が加わった、エスニックな感じのお味。かなりニンニクがきいています。レタスがシャキシャキした食感をプラスするとともに、口の中をさっぱりさせてくれて、絶妙のマッチング!

img_20161203_153047

たしかにお店の方が教えてくれた通りにいただくと、ほとんど崩れることもなく食べきれました。

【ニンジンの量がハンパない】

img_20161203_150349

そして「ハニーキャロットレーズン」の方は、ご覧の通りニンジンがぎっしり。ラップを外した途端、シナモンの香りがふわりと漂い、食欲を刺激します。半月状にうすくカットされたニンジンは素材のおいしさが活かされたやさしいお味。噛みしめるとじわりと甘さがにじみ出る干しぶどうがアクセントになっています。

img_20161203_151033

半分ほど食べたところで、ふと「サラダとして盛り付けてあったらどのくらいなんだろう?」と気になったので、お皿に出してみることに。

img_20161203_154019

かなり大き目のお皿を使ったにもかかわらず、このボリューム! 食べる前にサンドイッチの重さを計ったところ、2種類とも210~220グラムあったので、ニンジンの方はパンなどの重さを差し引いても中サイズのニンジンまるまる一本分くらいが使われていると思われます。これはニンジン好きにはたまらん~♪

【満腹感もしっかりあって大満足♪】

ふたつ食べて、お腹はパンパン。お店ではスープも販売していたので、ランチならサンドイッチ1個&スープという組み合わせでもいいかも。スイーツ系のサンドイッチもあるので、ぜひトライしてみてください! 年末年始のホームパーティなんかでも活躍するかも?

【お店のデータ】
店名:POTASTA 千駄ヶ谷店
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-6 マーシュストーン原宿ビル 1F
TEL:03-6721-0748
営業時間: 8:00~19:00
定休日: 無休

参考元:FacebookInstagram @potasta.jp
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

▼手のひらが隠れるくらいのサイズでボリュームたっぷりです。

img_20161203_150919

▼半分ラップをしたまま横から食べるのがポイント!

img_20161203_151324