【簡単レシピ】お餅が余ったらバター餅を作ろう! 電子レンジで簡単に作れちゃいます♪

お正月と言ったらお餅。季節モノなので、最初は珍しくてうれしいのだけれど、意外と食べ方のバリエーションが少なくて困っていませんか?
そんな方におすすめ。作業時間15分でできて、かすかなバター風味ともっちりふわとろ食感がおいしい「バター餅」の作り方を紹介します。

【バター餅の作り方】

<材料>

buttermochi1
・切り餅 4個
・バター 15g
・卵黄 1個
・砂糖 25g
・塩 少々(1g以下)
・片栗粉 15g
・打ち粉用の片栗粉 たっぷり

<作り方>

1. 餅を入れた耐熱皿に、餅が1/4程度浸るくらいの水を入れ、600wの電子レンジで2分加熱する。餅が柔らかくなっていなければ加熱時間を増やしてください。
buttermochi2

2. 水を捨て、熱いうちにスプーンでよくこねる
buttermochi3

3. バター、卵黄、砂糖、塩を入れてよく混ぜる
buttermochi4

4. 片栗粉を入れてさらに混ぜ、まとめる
buttermochi5

5. 打ち粉をしたまな板等にあけ、粉をふりかけながら手で成形する。
buttermochi6

6. 室温で冷まし、切り分けたらできあがり。
buttermochi7

【ちょっと焼くと、とろーりとして癖になるおいしさ!】

バター餅は時間をおいても硬くなりにくいので、作っておけば小腹が空いた時にとっても便利です。もっちり腹持ちの良い、満足感のあるおやつになります。
buttermochi8
1日で食べ終わらない場合は冷蔵庫に入れることをお勧めします。細く切って打ち粉に使った片栗粉をまぶしておくと、くっつき合わずに保管できます。

冷蔵庫に入れたバター餅はちょっと硬くなるので、食べる前にはオーブントースターや魚焼きグリルで1、2分焼いてみてください。ちょっと焼くと、もっちりふんわりとした食感に、とろーりとした柔らかさが加わって、病みつきになっちゃいますよ。

私は最近、朝ごはんにバター餅を食べています。とろーりもちふわ食感で食べやすいし、あまりたくさん量を食べなくてもしっかりカロリー補給ができて、ちゃんと頭が動くようになります。……つまりカロリーは高いから食べ過ぎには要注意なんですけどね。意外にコーヒーとも合いますよ。

お餅が余っていたら、ぜひ試してみてくださいね!

調理・撮影・執筆=山川ほたる (c)Pouch